鳥居薬品のアレルゲン免疫療法専門サイト|もっと知りたいスギ花粉症「スギ花粉症の診断」

トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビ - 鳥居薬品のアレルゲン免疫療法専門サイト

トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビ > もっと知りたいスギ花粉症 > スギ花粉症の診断

もっと知りたいスギ花粉症

スギ花粉症もアレルギー疾患の1つです。
ここでは、スギ花粉症の症状から診断、治療、またスギ花粉に関するさまざまな情報について、
トリーさんが詳しく説明します。

詳しく説明します!

スギ花粉症の診断

スギ花粉症は、問診と皮膚テストや血清抗体検査などの検査結果から総合的に診断

鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの花粉症の症状は、風邪の症状と似ています。
スギ花粉の飛散期に花粉症の症状が現れて、「スギ花粉症かな?」と思っても、花粉症でない可能性や、スギ以外の花粉が原因の可能性もあります。
自分で判断せず、医師の診断を受けることが大切です。

スギ花粉症の診断

問診をします。

症状が出る時期や程度、アレルギー歴などについて医師に聞かれます。医師はそこから花粉症なのかその他の疾患なのか、また、何が原因なのかを推測します。

検査をします。

皮膚テスト

皮膚の反応を調べます。

まず、皮膚の表面を針などで小さくひっかきます。そこに、アレルゲンと考えられるスギ花粉エキスやその他の花粉エキスなどをたらすか、あるいは皮膚に花粉エキスなどを注射して、皮膚の反応を調べます。
腫れや赤くなる様子などから、アレルゲンとなっている花粉を判断します。

血清抗体検査

血液検査をします。

患者さんの血液を採取して抗体の量を調べる検査です。採取した血液をアレルギーの原因と考えられるスギ花粉などのアレルゲンと反応させます。
反応の強さから、アレルゲンとなっている花粉を判断します。

鼻鏡検査

鼻の中を診察します。

鼻鏡(びきょう)と呼ばれる道具を使って鼻の粘膜を確認します。
花粉症では、水っぽい鼻水や赤く腫れた鼻粘膜が見えます。

鼻汁検査

鼻水を検査します。

鼻水中の好酸球を調べます。花粉症では鼻水の中に、好酸球と呼ばれる免疫を担う細胞が増えます。
鼻水を採取して、鼻水中に好酸球が存在するかを確認します。

スギ花粉症は、問診と皮膚テストや血清抗体検査などの検査結果から総合的に診断されます。

トリーさんのもっと知りたい!!

アレルギーの薬を飲んでいる患者さんは注意!

皮膚テストを行う際、アレルギーの薬を飲んでいると、アレルゲンとの反応が弱くなるなど正確に判断できないことがあります。アレルギーの薬を飲んでいる人は、検査の前に医師に服用中の薬を伝え、医師の指示に従ってください。

検査の前には気をつけてください!

もっと知りたいスギ花粉症
  • スギ花粉症もアレルギー疾患
  • さまざまな花粉症の中でのスギ花粉症
  • スギ以外の花粉も花粉症の原因に
  • スギ花粉症の診断
  • もっと知りたいスギ花粉症の治療法

鳥居薬品の『トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビ』では、舌の下(したのした)で行う舌下免疫療法に関し相談できる施設検索をはじめとして、アレルゲン免疫療法の種類や効果など、さまざまな情報を掲載しています。

ページトップへ

Copyright © Torii Pharmaceutical Co.,Ltd