鳥居薬品のアレルゲン免疫療法専門サイト

MENU MENU

MENU

アレルゲン免疫療法を知ろう

「アレルゲン免疫療法」をご存知ですか?
アレルギー疾患に対する治療法の1つで、アレルギー治療薬を使う対症療法とは異なる治療法です。
ここでは、アレルゲン免疫療法について、トリーさんが詳しく説明します。

アレルゲン免疫療法って何?

アレルギー症状を長期間和らげたり、治すことが期待できる治療法

アレルゲン免疫療法は、減感作療法とも呼ばれ、アレルギーの原因である「アレルゲン」を少量から投与することで、体をアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげる治療法です。
アレルギー症状を治す可能性のある治療法と考えられています。
アレルギー症状のある疾患のうち、花粉症、アレルギー性鼻炎、気管支喘息などに対してこの治療法が行われています。

アレルゲン免疫療法の特徴

■アレルギー症状を治したり、長期にわたり症状をおさえる可能性のある治療法です。
完全に症状がおさえられない場合でも、症状を和らげ、アレルギー治療薬の使用量を減らすことが期待できます。
■アレルゲンを投与することから局所や全身のアレルギー反応がおこるおそれがあり、まれに重篤な症状が発現するおそれがあります。
■治療は長期間(3~5年)かかります。
正しく治療が行われると、初めてのスギ花粉飛散シーズンから症状を和らげることが期待されます。
年単位で継続することで根本的な体質改善が期待できると考えられています。

アレルゲン免疫療法のイメージ

治療期間は3~5年、一定量のアレルゲンを長期間投与。アレルゲンの投与量を少量から始め、徐々に増やしていく 長く続けるのが大切です。

監修:日本医科大学大学院医学研究科頭頸部・感覚器科学分野 教授 大久保公裕 先生

舌下免疫療法について相談できる施設の検索はこちら