トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビ

知っておきたいスギ花粉症 スギ花粉症もアレルギー疾患の1つです。ここでは、スギ花粉症の症状から診断、治療、またスギ花粉に関するさまざまな情報について、詳しく説明します。

スギ以外の花粉も花粉症の原因に

スギ花粉の飛散期を過ぎてもヒノキ花粉で症状が出ることも

スギ花粉飛散終了後にも花粉症の症状が続く人は、ヒノキの花粉にもアレルギーがある可能性があります。ヒノキは、スギに次いで多く植林されています。現在、ヒノキ人工林は、日本の森林面積の10%、人工林面積の25%を占めています(関東以西で多い)。

都道府県別スギ・ヒノキ人工林面積※(平成24年3月31日)

※ 出典:林野庁:スギ・ヒノキ林に関するデータ

ヒノキ花粉の飛散期は、地域によって異なりますが、スギよりも遅く、およそ2月から5月です。
花粉飛散のピークは4月にみられます。
スギ花粉症患者さんの中にはヒノキ花粉飛散期にも花粉症症状を発現する人もいます。

花粉の飛散と症状への影響

提供:日本医科大学大学院医学研究科 頭頸部・感覚器科学分野 教授 大久保 公裕 先生

ヒノキ花粉はスギ花粉と似ているため、スギ花粉症患者さんはヒノキの花粉にも反応しやすいと言われています。

提供:東邦大学理学部訪問教授 佐橋 紀男 先生

スギ花粉以外の花粉症の原因となる代表的な植物

●花粉症の原因となる代表的な植物(スギ・ヒノキ以外)

◇シラカンバ(カバノキ科)

北海道や高地に多く、北海道では街路樹や緑化のために多く植栽されました。そのため北海道を中心にシラカンバ花粉症の患者さんが増加しています。また、シラカンバなどカバノキ科の花粉症患者さんでは、リンゴなどの果物を食べたときに口の中や喉がかゆくなったり、唇が腫れるなどの症状が現れることがあります。これは口腔アレルギー症候群(OAS)と呼ばれています。

◇樹木以外の草花による花粉症

樹木以外にも、イネ科(カモガヤ、ホソムギなど)やキク科(ブタクサ、ヨモギ)、カナムグラなど、道ばたや空き地、河川敷などに生えている背の低い草の花粉も花粉症の原因となります。

たくさんの植物が原因になります。

代表的な花粉症原因植物の開花期

提供:東邦大学理学部訪問教授 佐橋 紀男 先生

もっと知りたい!!

草の花粉にも注意しよう

イネ科やブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどの草花の花粉は丈が低いため、遠くまでは飛散しません。しかし、その植物が生えている付近ではこれらの花粉が飛散していますので、花粉の飛散期には、近づかないようにしましょう。

舌下免疫療法について相談できる施設検索はこちら
pageTops

鳥居薬品の『トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビ』では、舌の下(したのした)で行う舌下免疫療法に関し相談できる施設検索をはじめとして、アレルゲン免疫療法の種類や効果など、さまざまな情報を掲載しています。